スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボクとH君の昔話

mukasibanasi.jpg 
はじめた頃は完全にニートで、
時間を持て余し過ぎて何気なく始めたこのブログ。
(今でもただのフリーターだけど…)

「よし!適当でいい加減なブログにするぞ!」

という目標で開始したはずが、最近少し肩に力が入りだしている気がするので、
初心に帰り、誰の得にもならない自分の昔話をひとつ。

--------------------------------------------------------------------------------

僕には幼馴染のH君という親友がいる。
とは言っても、もう軽く二十年以上は会う事も連絡を取ることもしていない。
それでも、彼だけは親友だと勝手に思っている。

H君は”天才”だ。
今でも、彼以上に天才という言葉を感じた人には出会ったことが無い。

物心を付く前からの付き合いだったが、H君は何をやっても凄かった。
容姿端麗で勉強、スポーツから遊びまで何をやってもすぐにコツを掴むらしかった。
そもそも、普通は思いつかないような気づきを自分で得る事が出来る人だった。

実際、彼は一流大学を卒業後、内定の出た倍率200倍以上ある超一流企業を

「思ったよりも情熱を感じなかった」

という理由で蹴り、いくつかの候補の中から情熱を感じたという企業に就職した。
(そこも、誰もが知る超がつく一流企業)

恋人も居て、今は同棲しているという話だし
多趣味で忙しいであろうに時間を確保しては満喫しているようだ。

事実、こうして結果や能力を見ても「優秀」なのは間違いないのだが、
僕がH君を「天才」だと感じるのは実はそこでは無い。

H君は勉強をしている時、本当に楽しそうなのである。

僕は今まで彼ほど楽しそうに努力をする人は見たことがない。
いきなり遊びに行って、彼の部屋に入った時、
楽しそうに参考書に向かって勉強していた彼の姿が目に焼き付いている。


比較すると雲泥の差だが、かく言う僕はどうだったか。

勉強嫌いで、運動音痴、泣き虫で努力が大嫌いだった僕。
それでも結構、負けず嫌いだった。

そこで、

「実は僕の家の地下には秘密の通路があって、そこではトロッコが走っていて…」
「勝手に電子手帳に○○という謎の文章が現れて…」

というような不思議な話をH君や他の友人にしていた。

つまり、嘘をついていたのである。


自分には人よりも優れた能力や知識は無い。
でも、H君や他の友人に一目は置かれたい…!

そんな自分に出来るのは自分で他の人が知らない話を作る事だけだった。

存在しない不思議な生き物の話、
日常では遭遇する事のないような体験の話、

そんな今ふりかえるとどう考えてもバレバレなほら話を話続けた。
(後に分かる事だが、H君はそれを分かって付き合ってくれていたらしい)

「この時の経験から、想像力が鍛えられて今では大成功を収めた。」
みたいな事があればよかったんですが、今では立派な底辺です。

スポンサーサイト
[ 2016/10/21 08:19 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

ワンタッチで芸術的な加工が出来るアプリ

IMG_2043.jpg

こんにちは、私です。
上の画像なんですが、何となくいい感じじゃないでしょうか?

私の文章力の無さが露呈しますが、
タイトルでネタバレしてる通りスマホアプリを利用して作成したものです。


■Prisma

使用したのはこちらの「Prisma」
基本無料で使用可能。

①加工する画像を選ぶ
②イメージに近いタッチを一覧から選ぶ
③完成

と、一瞬でアーティスティックな感じに画像を加工してくれます。

IMG_2037.jpg
こちらが元画像になってもらったうちの猫です。

個人的にこのアプリが気に入った点のひとつが
“元の画像の雰囲気を残しつつ、大胆に加工できる”
という点でした。

もちろん加工の種類や画像の内容によっては
大きく潰れてしまったりという事もあるので注意が必要ではありますが。

IMG_2044.jpg
他にもこんな感じで涼しげに加工したりと
沢山用意されているタッチの種類を色々試してみるだけでも楽しいと思います。

OOK161103154_TP_V.jpg
IMG_2069.jpg
(男性の画像はフリー素材を利用させて頂いています)

ちなみに人物でも面影を残しつつイラストチックに加工が出来ます。
場合によってはモザイクの変わりとして使用するような使い方も出来るかもしれませんね。
[ 2016/09/04 16:09 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

噂の冷感敷パッドを買ってみた



■彡(゚)(゚)「冷感敷きパッド?」(´・ω・`)「うん」彡(゚)(゚)「大したことないやろ」

前にこちらの記事を読んで気になっていたのですが
父親の誕生日の贈り物と合わせて自分用も買ってみました。


記事で紹介されていた分は売り切れていたので、とりあえず画像を貼った分の商品を購入。

実際にベッドに敷いて、横になってみた感想は正直なところ「冷たい…のか?」という程度。

“冷感”という言葉でつい熱冷シートのような感じをイメージしていたのですが、
実際は“蒸れにくい”と言ったぐらいの感じでした。

とは言え、値段も二千円しないですし
ボロボロのベッドマットに直接寝ていた私からしたら損した感は無いですね。

冷感、という言葉には違和感がありますが
ずっと寝ていても熱がこもって暖かくなりにくいようですし
サラサラしていて夏の寝苦しさを改善する効果はありそうです。

あまり期待しすぎて、「これでクーラーもいらないな!」と意気込んでいると
実際に使用した時ちょっとガッカリするかもしれませんが
別に悪いものではないのかなぁ、と感じました。

また実際に使用していく過程で個人的に感じる事があれば
率直な感想を追記していくかもしれません。

■2016/09/09追記
購入してから毎日使っていますが、なかなか気持ちよいです。
夏用のベットカバーとして使う事になりそう。

相変わらず「冷感」の歌い文句には疑問符が付きますが
寒い時期に使うと寒そうなので、冷感も間違いではない…のかな。
[ 2016/07/24 18:46 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

PCの電源を入れてもすぐに消えてはついてを繰り返す現象

pasokonn2のコピー

私の朝はパソコンの電源を入れるところから始まります。

しかし、今日は電源を入れても
動き始めるものの、すぐに電源が落ち、また起動するの繰り返し。

明らかにおかしい。

お亡くなりになってしまったのかと焦りましたが
色々試した結果、なんとか復帰しましたのでメモ的に残しておこうかと思います。

結論から書いておくと、
ファンの劣化やほこりの影響で熱を下げる事が出来なくなっていたようです。

最終的にはファンを交換する事で無事、起動するようになりました。

PCの知識がある方からしたら基礎中の基礎という内容ではあるのですが
私のようにPCに詳しくなくて、同じような症状で悩んでいる方の役に立てば幸いです。

ちなみに挿絵では分かりにくいですが、実際はデスクトップ型のパソコンです。


IMG_2019.jpg
(側面のふたを開けたところ)

IMG_2020.jpg
(交換したファン)

===========================================

■改善までの過程

・スマートフォンで似た症状を調べる

・放電作業
 (コンセントからコードをはずした後、電源ボタンを数秒間押し続ける。念のため数十分放置)

・タコ足に刺していた電源ケーブルを壁のコンセントに変更
 (電力不足の可能性を考えて)

・PCの側面を開けてほこりを掃除機で掃除してみる

・PCの周りに置いていた物を片づけて壁から離してみる

・側面を開けたままの状態で起動してみる
 (ここで一旦起動したので原因を熱に絞る)

・部屋のクーラーをつけて起動させてみる
 (側面のふたを閉めた状態だとやはり起動しない)

・回転はしている為、望み薄かと思いつつファンを新しい物に交換
 (ここで安定して起動するように復帰)

===========================================

情報を調べている際にはメモリの刺し直しなども上がっていましたが
私は素人もど素人なので出来るだけPCのパーツを触るのは後回しにしつつ復旧作業をしていきました。

ファンの交換は簡単にできるように設計されていて
固定している4本の支柱の先を矢印の方向に回転させるだけで簡単に取り外しできます。

緑っぽい色をしているコードも特にロックなどがあるわけではなく
ただ刺さっているだけでした。


CPUを保護するために高温になると電源が落ちたりする安全機能があるのは
知っていたのですが、昨日までは普通に使えていたのでまさか、という感じでしたね。

とりあえず持ち直してくれてよかったです。
[ 2016/07/10 13:15 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

あの日の思い出が蘇る…“コロコロアニキ”

あなたはコロコロコミックという漫画雑誌をご存知でしょうか?

私は子供の頃この漫画が大好きで
月に一度、なけなしのお小遣いを使って買っていました。

ちなみに今もなお毎月新刊が出続けている人気漫画です。

何故こんな話をしたかというと、
最近ネット上で「昔のコロコロコミックが出てきた」という記事を見たんですが
それを見て懐かしく、自分も久しぶりにまた読みたい気持ちになったからです。

最初は最近のコロコロを買ってみるか、
それとも昔のやつをオークションでも使って手に入れるか、
と考えていたのですが、書店で気になる物を見つけました。

IMG_2015.jpg
それがこの、コロコロアニキです。

どうやらコロコロコミックの増刊扱いとして出版されている雑誌らしく、
昔のコロコロ読者向けとの事。

毎月発売されているわけではないようですが、
当時のコロコロを思わせる表紙に惹かれてつい買ってしまいました。

IMG_2018.jpg
懐かしのミニ四駆コーナーも健在。
当時はこういうグッズの紹介にワクワクしたものです。

とくにこの「ミニ四駆」は手のひらサイズくらいの車のおもちゃなのですが、
コロコロには独自に改造したマシンが掲載されていたりしました。

それが非常にかっこよくて、
それを参考に自分のミニ四駆を必死にカスタマイズしてましたね。

最近だと「科学的には意味がなかった」という夢のない話も聞きますが、
ミニ四駆には沢山のパーツも販売されていて、
それらをどう組み合わせるかも魅力的で楽しかったです。

IMG_2017.jpg
そんなミニ四駆マンガの金字塔、「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」

当時も掲載されており人気を博した漫画なのですが、
それが「RR(リターンレーサーズ)」という形でアニキにも掲載されています!

個人的には絵柄のイメージが変わってなかったのは嬉しかったですね。
読んでいて当時を思い出し、胸に熱く感じるものがありました。

コロコロアニキではレッツ&ゴー以外にも
懐かしい作家の方が関連のある漫画を描かれていたりするのも嬉しいですね。

連載、読み切り等はまちまちですが、
号によっていろいろな作家の方が描かれているみたいです。

バックナンバーもついつい読みたくなっちゃいますね。

IMG_2016.jpg
こちらはMoo.念平先生の「あまいぞ!男吾」
(ちなみにこのページを選んだのは女の子が可愛かったからです…)

お恥ずかしながら私はこちらの作品を知らなかったのですが、
1986年頃から当時のコロコロで連載されていた作家さんのようです。

個人的にこの作家さんを知れただけでもアニキを買った価値があるな、
と思った作品でした。

80年代らしい「これぞGペン」といった感じのライン、
熱血漢の主人公、魅力的なサブキャラクター達…。

こちらはアニキでも連載作品のようなので、
過去の単行本も合わせて、バックナンバーもやっぱり気になりますね。


上記の内容以外にも、

・懐かしの高橋名人の特集やコーナー
・ミニ四駆ステッカー、ビックリマンシールのおまけ

などの懐かしい内容や、
逆にパズドラなどの新しい要素や最近の作家さんの作品等、
新旧の合わさった内容になっていました。

昔を懐かしむようになったのは歳をとったからなのかなぁ、と思いつつも
当時にタイムスリップしたような時間を過ごせて楽しかったです。

[ 2016/06/17 13:30 ] 雑記 | TB(-) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。